投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

【Google Analytics】Google Spreadsheetで自動集計(レポート作り 4日目:週分析・曜日分析)

イメージ
少し間があきましたが、続きをすすめましょう。
4日目は週分析と曜日分析です。
今回は、それほど難しく有りません。エクセルで遊ぶ感覚で作成してみてください。

【週次セッション数遷移】
今までGoogle Analyticsの数値をSpreadsheetで自動的に取得してきました。今回は週ごとの遷移を一目でわかるようにグラフを作成しましょう。2ページ目では日次で取得しましたが、ここで週次でとる理由はなんでしょうか。

ウェブ解析は日々行う短時間の業務と、週次で行う業務、月次で行う業務等、レベルと内容を変えて分析を行うのが通常です。日次で行う確認はAnalyticsの数値が平時と比較して多量のアクセスやアクセスの激減等の現象が計測されていないかを確認するためですが、そのようなアクセスが存在した場合、原因を探るはずです。
そのアクセスが会社にとって良い影響を及ぼしているのか、それとも悪い影響を及ぼしているのか、もしかするとTV等に取り上げられて、販売・マーケティングを行うチャンスなのかもしれません。一方でそのような流入が全く販売、業績に結びつかないものかもしれません。週次でサマリーしてしまうと、そんなアクセスによって右肩上がりのグラフが出来上がっても、結果に結びついていない可能性があるのです。右肩上がりのグラフで上司を喜ばせることができても、その中身がみえていないのでは、もともこもありません。最悪なのはその週に新たに打ち出した施策の好影響だ!と結論づけてしまうことではないでしょうか。

日々の急増、急減でダメージの発生するものについては、即座に報告・連絡をすると思いますが、全社または社長等に報告するまでもないものも存在します。それを補う意味で、日毎と週毎の数値の取得及び遷移グラフが必要という位置づけで作成しています。

では、さっそく週毎の計測に入ります。

まず、計測期間が日曜日~土曜日の方は簡単です。
週計測用のdimensions「ga:week」が存在するからです。
例えば、直近3ヶ月を期間指定して、dimensionで「ga:week」をセットします。

getGAdata(C1,C2,"visits",B4+1,B5+1,,"ga:week",,,)

こんな感じですね。
すると、週番号とセッション数が一発で取得できます。



問題は集計…

Google Multilingual Voice Search via SEJ(Chrome ver11以上のみ)

イメージ
今年3月にChromeへ追加されたHTML speech imput APIを使うことで音声からテキストへ変換することが可能となりました。

それを利用してSEJよりGoogle Multilingual Voice Searchの紹介がありましたので、ご紹介いたします。

もちろん日本語もOK。

検索ボックスの右側にあるマイクのマークをクリックすると、「お話しください」と出ますので、しゃべるだけ。


「渋谷」の検索結果です。


スマートフォンでの技術が次々と生かされているという印象です。
ただ、音声入力技術が今後どんな方向へ進むのかが、なかなかイメージ出来ずにいます。職場でブツブツ言うわけにもいかず、マイクロソフトのWordも音声入力を昔から備えていましたが、結局それを利用している人は非常に少ないと思います。精度の問題だったのかもしれませんが。

一つには自宅で何かの雑誌、本等でメモをしておきたい部分を音読するだけでテキスト化するという方法があるでしょう。インタビューの場合は、相手と自分の声をそのままテキスト化すれば編集も楽になるかもしれないので、ボイスレコーダーの代わりにマイクを置いておくという利用方法も出来るかもしれません。ただし、どちらの発言かという点で弱いので、インタビュー前に発言者が何名であるかを事前に登録し、人を分けてくれると良いですね。

改行に関しては時間的な間を取るしか無いかもしれません。何かの記事でちらっと見ただけですが、「改行」という言葉を2回言うと、機能としての「改行」になるなどの動作があると多少は使える物になるのかもしれません。

どちらにしても、PCではメインの機能というよりサポート的な機能のような気もします。スマートフォンではメインの機能として利用される事も多いでしょう。

【Google Analytics】Google Spreadsheetで自動集計(レポート作り 3日目:ソーシャルメディア流入)

1日目 >> 2日目 >> 3日目

1日目2日目に続き、今回はソーシャルメディア流入に関する調査です。

Googleなどの検索エンジンがソーシャルメディアで繋がりのある人が紹介したリンクを検索結果に表示するなど、ソーシャルメディアが従来と比較してさらに重要視されるようになりました。今回のレポート作りではそんなソーシャルメディアからの流入を調査するものです。

ソーシャルメディアから流入した人は直帰率や滞在時間等の数値が高いと言われます。ソーシャルメディア経由のユーザー動向調査を行ったり、単に流入数値の分析を行うなど様々な分析を行うきっかけとなれば幸いです。

【ソーシャルメディア流入計測方法】
まず、ソーシャルメディアとして何を計測するかを決めましょう。

今回は、
mixi
Facebook
Twitter
を取り上げます。

プラス追加で、ウェブメール経由の流入も調査しましょう。メーラー経由での流入はURLにrefコードを付けている、またはHTMLメールでutmコードを付けている場合を別にして、基本的にはdirect経由での流入として計測されます。ウェブメール経由の流入を調査することで、顧客が主に利用しているウェブメールがわかり、HTMLメールを作成する場合も該当ウェブメールへのテスト配信、およびチェックをすることでデザインの崩れ等も見ることが出来ます。活用方法は色々ありますし、時間をどれくらいかけるかという点は各々にお任せしますが、一度計測を行ってから考えてみるというのも良いでしょう。

では、さっそくソーシャルメディア経由の流入計測方法です。

今まで使用してきた関数getGAdataでも、今回は参照元URLを絞り込むことで実現します。Analytics画面でフィルタをかけるのと全く同じです。

参照元URLを取得するにはdimensionsの「ga:source」を使います。
関数は

mixiの場合、
getGAdata(C1,C2,"visits",B4+1,B5+1,"ga:source=~mixi",,,,)

という感じです。
フィルタのかけ方についてはGoogleのページをご参照ください。

今回は演算子「=~」の「正規表現の一致を含む」でフィルタをかけています。
私は正規表現の演算子のみでや…

【Google Analytics】Google Spreadsheetで自動集計(レポート作り 2日目)

イメージ
1日目 << 2日目 >> 3日目

1日目に引き続き、2日目を投稿します。

まずは、1日目を投稿してみて、意外と反応があり恐縮です。
マーケティングレポートは、コンサル系会社やツール提供会社が出すものばかりで、他社がどんなものを使って分析をしているのかは、全くわかりません。私自身は、レポートというものを殆ど見たことがないので、自分で作り会社で公開しているだけです。
A4、A3サイズ1枚で簡単なレポートが出来れば週次のレポートとしては素晴らしいものになると思いますし、報告対象者が社員向けか、役員向けか社長向けかによって内容も変わります。今回公開しているものは社員・役員両方に向けていますので、簡単な内容から予実管理への言及まで全て入れています。そのあたりも考慮いただければと思います。

【1日目のご意見等を受けて】
レポートのレイアウトをGoogle DocのTemplateで公開しました。
表紙
2ページ目

別にTemplateじゃなくても。。。という印象ですよね?(笑)
参考にしつつ、独自のレポートを作成してみてください。

【2日目開始】
3ページ目は、今のところ集客系の簡易レポートとしています。
3ページ目もレイアウトを公開しました

さて、たぶん見ていただければ分かってしまうと思いますが、「滞在時間」部分はあとで付け足しました(苦笑)
他のページで入れる部分がなかったからです。
省いていただいて全く問題ありませんので、テンプレートは好きなように煮たり焼いたりしてください。

【流入経路分析】
集客ルート、新規顧客流入率、滞在時間を調べるには、「segment」を使います。

<参考 - 決められたセグメントコード>
gaid::-1 全セッション
gaid::-2 新規ユーザー
gaid::-3 リピーター
gaid::-4 有料の検索トラフィック
gaid::-5 無料の検索トラフィック
gaid::-6 検索トラフィック
gaid::-7 ノーリファラー
gaid::-8 参照トラフィック
gaid::-9 コンバージョンが達成されたセッション
gaid::-10 トランザクションの発生したセッション
gaid::-11 モバイル トラフィック
gaid::-12 直帰以外のセッション

※アドバンスドセグメントを利用している場…

【Google Analytics】Google Spreadsheetで自動集計(レポート作り 1日目)

イメージ
1日目 >> 2日目

Google Analyticsを利用してサイトの分析をしている企業の方も以外と多いはず。ただ、どんなレポートを作ればいいか分からないという方や、Analyticsのデータをコピーして、Excelに貼りつけなんてやっていると時間がもったいない。とにかく、自動化しましょう。
Analyticsのカスタムレポートという機能をフル活用されている方も多いと思いますが、自分で好きなように、好きな位置に、役立つものだけを配置して、自分で作るからこそ最適なレポートが出来上がると思います。自分自身も、まだ試行錯誤しながら新規に指標を取り入れたり、省いたり、月次集計ページを付け足したりとしていますが、今私が作っているレポートをどんどん公開してしまおうと思います。
まぁ、私が全て勝手に作っているものなので。。
レポートをどういうふうに作ればいいかわからない、または、他の人がどんなものを作っているのか気になるという人は、覗いてみてくださいね。

では、前置きはこの程度にして、始めましょう!

マーケティングレポート作り 1日目
1.表紙を作る
⇒ここは当たり前。どんなレイアウトでもいいです。
社名、「社外秘」、分析期間、分析者など、必要事項をちりばめてしまいましょう。

ちなみに、私は別にデザイナーでもなんでもないので、いたってシンプルです。

どうです。このシンプルさ。
別に隠す必要のない部分まで隠してますけど、とりあえず分析者は今は私だけなので特に書いていなかったりします。

2.2ページ目の作成(PV、セッション等)
ここからが本番です。本格的にPV、セッション等の定量的な数値を取得していきます。


(無理やりデータをけしているのもあって、汚さが増してます。。。)

【下準備】
Google Spreadsheetで自動計算させるための、スクリプトをインストールします。
スプレッドシートを開いたら、「挿入」のメニュー内にある「スクリプト」を選択します。


(画像は英語版になっています。)

表示された画面で「analytics」を検索してください。



この「Google analytics Data Fetch Functions」こそが、自動取得ツールになります。作成者のMikael Thunebergさんのサイトで詳しい使い方も載っています。一応このページを読めば、…

[Google Shopping]ショッピングリストページを表示するには?

イメージ
Googleショッピングにリスト機能が追加された!と言われて、色々登録しているものの、あとでリストを表示させようとしても、どこから行けばいいのか分からない。。。という不親切さ。
今後改善されていくと思いますが、現在の状況でも一応リストを参照することが出来ます。

手順としてはまず、Googleショッピングページを表示してから、検索ボックス右下にある「ショッピング検索オプション」を押します。


オプション画面が表示されたら、画面右上にある設定アイコンを押すと。。。


リストへ遷移できるメニューが表示されました!
Appleのデザイン方針からすると、かなり外れた、見つけるためにウロウロしなければ行けない場所にありますが、Google先生のUI改善まで待ちましょう。

【Panda Update】現在分かっている事

Panda Updateは、Googleが2011年2月25日に公式アナウンスされた大規模なGoogle検索アルゴリズム変更の事で、品質の悪いページ(コンテンツファームを含む)を検索から除外、及びスパムサイトの除外を行うことを目的としたものですが、サイトを常識的に、きちんと作るべきであることが重要なので、あまり言及も必要がないかと思っていますが、SEWの記事も踏まえて、少しだけ整理してみます。

<海外リリース履歴>
Panda 1.0 : 2/24 米国サイトの12%へ影響
Panda 2.0 : 4/11 米国サイトの2%へ影響
Panda 2.1 : 5/10頃 軽微な修正


・重複コンテンツは削除すべき
・URLが相違し、コンテンツが重複する場合は301リダイレクトを利用すべき(URLのパラメーター含む)
・301リダイレクトが難しい場合はmetaタグとしてcanonicalタグを定義すべき(headタグ内以外は非評価)
・検索結果のようなコンテンツやタグクラウドのようなコンテンツはmetaタグでnoindex指定をすべき
・ページ表示速度を改善すべき

<明確ではないものの推奨される事・方針>
・スクロール無しで見える画面(Above the fold)に有用な情報を載せ、広告で埋まることが無いようにすること
※GoogleからAbove the foldとなるheight数値は明らかにされていない
・コンテンツはユニーク、トピックを絞った、十分な内容が必要。
・ウェブサイト自体はどのキーワードで誘導するかが明確となっていること。

こんなところでしょうか。
以前から言われていることもあるので、それほど大きな内容はないと思いますが、今後も海外事例は引き続き追っていこうと思います。

そういえば、海外で先行していたソーシャルサーチがやっと日本にも導入されたようですね。ソーシャルサイトへの親和性も高めておきましょう。自分のソーシャルサイトにはmixiも含まれていますが、検索結果には現在のところ表示されていないようです。今後出てくるようになるでしょう。

【Google Webmaster Tool】一時的にアクセス拒否するURLの登録

イメージ
Google Webmaster Toolでは「Site Configuration」に「Crawler access」というメニューが追加されました
Google Botから優先的にURLをブロックする機能ですが、一時的な90日間だけの効果ということを知っておく必要があります。


恒久的に削除するには、
・404または410コードを利用する
・robots.txtファイルを活用する
・noindexのメタタグを利用する
ことが推奨されています。

【キーボード+iPhone】WOW Keysが面白い

イメージ
iPhoneなどのスマートフォンは既にONでもOFFでも欠かせない物になっています。充電も兼ねて、デスクにiPhoneをおいてる人も多いと思います。
私自信はAndroidで電池を拡張していることもあって、特に充電することはない。でも、デスクに置くこと変わりはない。

ここで!compuexpert社のWow Keysという商品が面白そう。テンキーの代わりとしてのiPhone。


他にも有料アプリを入れればフォトショップのツールパレットにも早変わり。


たしかに、こういう利用方法が出来るのは嬉しいですね。他にもメモ帳を見ながら作業をしたり、デュアルディスプレイのような感覚で作業や仕事が出来るのは、結構嬉しいかも。iPhone側だけでWifi接続も出来ると思いますので、ネットワークを生かした利用方法も可能だと思います。



(via Mashable)