投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

Google Tag Manager(GTM)を利用してAjaxのページャーからのページ遷移を仮想ページビューとして計測する

イメージ
Google Tag Manager(GTM)がリリースされてから、徐々に事例が出てきておりますが、今回はAjaxのページャーを仮想ページビューを利用して計測する方法をご紹介します。
今までのAnalyticsであればonclickとして、trackPageviewを発行してあげればいい訳です。

「 onclick="_gaq.push(['_trackPageview', '/services/']);" 」

GTMの場合は、dataLayerを利用しますが、onclickの場合は「dataLayer.push」ですね。
企業側のサイトにはこれから反映させて行く予定ですが、個人環境でテストを実施した内容で一度ご説明いたします。

企業サイトは既にこんな状況でして・・・、ちゃんと整理しないといけない状況に陥っていたりしますが・・・








dataLayerとは・・・ Google側で予め用意しているグローバルオブジェクトなのですが、GTMのコードよりも前に配置
します。

<script>   dataLayer = [{     'event': 'transaction'   }]; </script> 使い方としては様々なものが考えられますが、現在私の方で使っているものを少しご紹介します。


1.AnalyticsのEventを利用して、http statusで404や500を計測する。 例えば、こんなdataLayerを404ページに仕掛けておき、404ページに来る手前のページとアクセスした先のページURLをデータで取得できます。

<script> dataLayer = [{ 'event': 'error', 'eventaction' : 'Errorevent', 'eventlabel' : '404.html?page=' + document.location.pathname + document.location.search + '&from=' + document.referrer }]; </scrip…