投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

改めて考えるCore Reporting V4 APIのメリット

イメージ
Core Reporting APIのV3を利用している人でV4になかなか踏み出せないという方も多いのではないかと思います。V4がリリースされて1年ちょっと。V3からV4への移行によるメリットは以下目的に集約されるのではないでしょうかということで、少しまとめてみようと思います。
Table of ContentsAPIリクエスト数の減少とそれに伴う分析時間の短縮2期間のデータ比較積み上げグラフ用(historical bucket)データ抽出V4のみサポートされる機能の利用pivotCohortLTVその他注意点などもsession dateが存在しなそう…V3であったfilterは存在するけど機能分裂欲しい機能 APIリクエスト数の減少とそれに伴う分析時間の短縮 ■2期間のデータ比較 従来2期間、例えば前年比や前週比、その他特定期間同士を比較する場合V3では2期間それぞれでAPIを叩き、その結果を自分たちで比較する必要がありましたが期間を配列で2つ渡すことが可能となったことによって1リクエストで完結することができるようになりました。

[{ startDate = 2017 - 11 - 22, endDate = 2017 - 11 - 22 }, { startDate = 2016 - 11 - 22, endDate = 2016 - 11 - 22 }]
V4では2期間を配列で入れ込みます。期間を複数指定した場合はsortの仕方として2期間の差に対するソートと以前のGoogle Analyticsで存在していた加重平均順が指定できるようになります。例えば2期間のユーザ数の差の降順で表示したい場合のorderBy指定は以下のような指定になります。

{ orderType = DELTA, fieldName = ga: users, sortOrder = DESCENDING }
DELTAは差、SMARTが加重平均となります。
2回投げてからSpreadsheetなどでデータを整形するとなると抽出されたデータが100%データであれば問題ありませんが、filterやデータサイズによって返却されたデータの中でしか分析ができません。この部分が解消された今回の2期間比較は大いに利用する価値があると思います。
■積み上げグラフ用(hist…