投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

どこどこJPとClickTaleを用いたウェブ改善と営業効率の上昇 - Part2

イメージ
前回に引き続き、「どこどこJP」と「ClickTale」、それからGoogle Analyticsを利用したウェブ改善と営業効率アップという内容で書かせて頂きます。

普段ECサイトの解析ばかり行なっているため、今回目標としている"営業効率アップ"という側面でウェブサイトを解析するのは非常に難しいと感じましたが、今回「ユーザーモデリング」という考え方を利用して考えていくことにしました。

■ユーザモデリングの3階層(安藤 , 2010)
3階層とは、「属性層」「行為層」「価値層」の3階層です。
通常はもっと広く、「サービスデザイン」の分野で利用されますが、属性層とはすなわちサービスを提供する上で想定される、または実際のユーザーから導き出されるペルソナです。
行為層とはそのペルソナの行動で、主にカスタマージャーニーマップなどで明らかにされてくるものです。価値層はそのサービスの本質的なニーズになります。






通常、新しいサービスを考える際、ペルソナに新しい行動を提案し習慣づける事が出来るのであれば、新しい価値が生まれ、それが新しいサービス価値となります。


しかしながら、この理論は1つのWEBという狭い範囲でも適用することが出来ると思います。
1サイトで考えた場合、既にサービスが提供されているならば、想定ユーザー層は確定されているとは思いますが、そこからの行為とは例えば「サイト内検索」であったり、「主要導線」であったりします。


そして、「行為層」の重なり具合が、少しでも重なっている場合は現在のサービスの改善、全く重ならない行為と価値を考えるならば新規サービスの立案につながると考えています。



ユーザーの行為とユーザーへ提供する価値が、サービス提供側の想定と完全に一致することはありませんが、WEBにとどまらず何らかのサービスを提供する以上、その利用者の行為と利用者が期待している価値にそのサービスを近づける必要がある。

というのが最近私自信が考えている事です。

次回は今回のユーザモデリングを利用し、目的を達成するためにどのような考え方をしたかをご説明します。

どこどこJPとClickTaleを用いたウェブ改善と営業効率の上昇 - Part1

イメージ
今回5月21日と6月18日に開催された「スキルアップ・コンテンツ委員会」の定例会といたしまして、「GAのカスタム変数を活用してセグメントしたユーザの分析」をテーマに行われたセミナーのご報告と、私自身が行った発表内容を全4回に渡ってご紹介させていただきたいと思います。

利用するツールはタイトルにありますとおり、「どこどこJP」と「ClickTale」、それからGoogle Analyticsの3つです。 Google Analyticsに関しましては、説明するまでもないと思いますが、その他2ツールに関しましては簡単にご紹介させていただきます。

どこどこJP エリアターゲティング(ジオターゲティング)を得意としており、アクセスをしてきたユーザーのアクセス元地域を特定したり、企業データを特定するなど、Google Analyticsとの連携だけでなく地域別・企業別広告配信などに活かす事も可能なツールです。




ClickTale イスラエルの企業が提供しているツールで、基本的なアクセス解析機能の他に「ビデオプレイバック」機能、ヒートマップ(スクロール、クリック、マウスオーバー、アテンション)、コンバージョン解析(フォーム、コンバージョンファネル、リンク解析)機能など、ウェブ改善には欠かせない多様な機能を備えております。





さて、今回の設定は以下のようになっております。


■解析サイト ウェブ解析士認定講座サイト
目的
対象サイトをよく閲覧されている企業および、コンバージョンされた企業を特定し、その閲覧行動を見ることでコンバージョンするユーザーの特徴をつかみ、営業へ繋げることが出来るかどうかを検討する。
またはサイトを改善し、よりコンバージョンに結びつく改善策を提案する。


■仕組み(設定) 対象サイトの解析にはGoogle AnalyticsとClickTaleの2つを利用し、それぞれの解析データを見る。