Google Analyticsのデータ収集制限規定の変更でプレミアムへの移行を促す!?

Google Analyticsの「データ制限」ヘルプに修正が入っていたのですが、ちょっとびっくり。
修正が入っているのは、この部分。


Googleアナリティクスに規定以上のヒットデータを送信した場合、今まではヒットが処理される保証が無いというだけの書き方でしたが、今回の修正で「通知メール」と、それを無視した場合の処理停止、最終的にはデータ削除までうたわれました。

簡単にまとめると

1段階目 : ヒット数が上限を超えると管理画面側に警告メッセージが表示
2段階目 : プロパティが上限超過とみなされたタイミングでメール通知
3段階目 : 通知メール無視30日でプロパティのデータ処理停止
4段階目 : 通知メール無視60日でプロパティの過去データを含めデータ削除

1ヶ月に送信されるヒット数に関して、利用規定だと恐らくこの部分。
the Service is provided without charge to You for up to 10 million Hits per month per account.
月間1000万ヒット。ただ、この規定はアカウントレベルで書かれています。プロパティレベルでの規定はザッと検索した感じ無いような気がします。

もしかすると、今までGAは無料だからという理由で導入していた企業さんが離れる可能性もあるような気がしています。
個人的には結構強行な手段に出たのかな?と思ったりしています。


<追記>
Googleのオフィシャルから言及があったようで。
もしかするとタイトルから勘違いされている方がいらっしゃったかもしれませんが、私も規約自体に変更がかかったという理解はしておりません。

ただ、無料版で「データ削除」に触れたという点に関して言いたかっただけです。本当にGoogleが実施するかどうかは分かりませんが、それは管理画面にメッセージが表示されるとか、通知メールが飛んできたということを誰かがWEB等に報告された時に発覚する事象なのでしょう。

これからも今まで通りGAを利用していきたいですね!

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる