Analytics APIのセグメントでシーケンスを利用したパターン

Google AnalyticsのAPIで利用できるセグメントは色んな実際のパターンを使いながら覚えていこうと思いますが、単純なパターンでのテストです。

まずはユニバーサルアナリティクスで同一User Idを用いてPC → モバイル → モバイルとアクセスをしてみます。
PCはChrome、スマートフォンはAndroidのChromeです。


Analytics画面で見ると1ユーザー、セッション3と計上されています。


User Idもテストでカスタムディメンションに入れていますが、こちらもちゃんとデータが計上されています。


■テスト

セグメントの指定でこの5パターンはキレイに値が取得できました。全て同じ結果が得られます。

  • users::sequence::ga:deviceCategory==desktop;->ga:deviceCategory==mobile
  • users::sequence::^ga:deviceCategory==desktop;->ga:deviceCategory==mobile
  • users::sequence::^ga:deviceCategory==desktop;->ga:deviceCategory==mobile;->ga:deviceCategory==mobile
  • users::sequence::^ga:deviceCategory==desktop;ga:browser==Chrome;->ga:deviceCategory==mobile;ga:browser==Chrome
  • users::sequence::^ga:deviceCategory==desktop;ga:browser==Chrome;->ga:deviceCategory==mobile;ga:browser==Chrome;->ga:deviceCategory==mobile;ga:browser==Chrome



スコープも利用してみた感じですが、同じ値が得られたものはこんな感じです。

  • sessions::condition::perSession::ga:pageviews==1
  • sessions::condition::ga:browser==Chrome;condition::perSession::ga:pageviews==1
  • users::sequence::ga:deviceCategory==desktop;->ga:deviceCategory==mobile;condition::perSession::ga:pageviews==1


実はまだScopeも指定してコンディションとシーケンスの合わせ技は、安定して取得できていませんので、もう少しちゃんとヘルプを読んで理解する必要がありますが、使いこなせればコホート分析は結構楽になりますね。

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる