Google検索は飛び先のサイトにリファラだけはしっかり渡している

海外の記事を見ていて実際に試してみた。

Google検索のHTTPSからHTTPサイトを見た場合のリファラがこれ。


しっかり渡していますな。
そして、Google検索のHTTPSサイトから、HTTPSサイトを開いた場合がこれ。






こちらもしっかりリファラを渡していますな。
BingのSSL検索とか、米Yahoo検索では無い動きで、これは完全にGoogleが意図的に設定しているものなので、Google Analyticsに(not provided)を表示させたり、他の解析サービスへ影響を与えないようにしているのか、リマーケティングの仕組みに関係しているのか・・・それとも他に何か理由があるのでしょうかね。

ここ最近はSSLサービスも多いし、検索エンジンもSSL化していっていることもあって(not provided)だらけ、OrganicもDirect化していて最近ファネル分析が流行ってきたと思ったら、経路関連のファネル分析の意味がそれほど重視出来るような状況でもなくなってきた。

計測値が去年の終わりから揺らいでるように感じていたりもして、この辺りの動きはデータが大きく変わってくるのでちゃんと見ておきたいところですね。

(参照) An Easy Way To Check What Referrer Data Google, Bing Or Yahoo Pass To Your Secure Site

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる