Googleのキャッシュページの「フルバージョン」「テキストのみバージョン」「ソースを表示」オプションが地味に便利

最近変わったというニュースが流れていたものの、前からそんなもんじゃなかったっけ?と思ってちゃんと見ていなかったのですが、Googleのキャッシュ表示が地味に便利になっていますね。


テキスト版はCSSなどの適用されていないテキスト。


Infinite Scrollサイトを見てみたのですが、スクロールイベントに起因して表示されるコンテンツ部分は表示されませんでした。

地味に便利だと思いますが、サイトによってはキャッシュが表示されているものの、このキャッシュヘッダーが表示されないものもあって、環境の問題なのか、何なのか分からないものがあったりします。

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる