【GTM - macro】1st Party Cookie(ファーストパーティークッキー)

マクロの「ファーストパーティークッキー」という項目に関しての説明です。
ファーストパーティークッキーマクロは、その指定された名称のクッキーの値を返します。
従って、当たり前ですが事前にファーストパーティークッキーが存在していることが大前提となります。

今回試してみた動きとしては、コマースサイトのサンクスページに購入した日付をクッキーとして持たせてみました。


クッキー名は「purchaseDate」
単純に値に今日日付を入れただけです。

こいつに対して、Tag Manager側でまずはマクロを適当に設定。


続いて値が取得出来ることの確認をするだけなので、Analyticsのイベントをセット。



Analytics側で確認をしてみると、ちゃんとActionでデータが取得できていることが確認できました。


このマクロ、色々応用できますね。
単純なセッションクッキーや古いですがウェブサイト上に訪問数を表示してあげたり、一意の人を特定できるデータなんかをマクロで変数として持てるため、Big DataやLTV的な見方で設定することも出来ます。

Cookie内の日付と今日日付をカスタムHTMLをつかって差分を取ってみました。
サンプルは今日日付同士なので日数は0なのですが^^;


流れとしては、ファーストパーティークッキーに入れた値をカスタムHTML側でデータとして取り出して、そこで計算。dataLayer.pushでイベントとして値を押し出して、Analyticsのイベントで受け止める。
という感じです。

もうちょっと他の利用法も検討してみたいですね。

【参考】
Google Tag Managerに関するまとめ

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる