新しいKloutでコンテンツを生み出していく

まだ試してはいなかったのですが、2月6日にKloutが新しく生まれ変わりました
Kloutスコアを上げるためには良質なコンテンツをよりシェアすることで友達やフォロワーがさらにシェアするという行動を促したりすることですが、そんな計測ツールとしてのKloutが興味のあるタグを設定しておくことで良質なコンテンツがキュレーションされて、さらにKloutからTwitterやFacebookに呟くという機能が追加されました。

※画像はKlout Blogから。

コンテンツのシェアは、Kloutがソーシャルへの投稿をスケジュール設定できたり、画像を添付出来たりしますが今のところはFacebookとTwitterのみ投稿が可能となっているようです。


そういう意味ではHootSuiteなどの別のツールと大差がない・・・というより、機能的には劣るものかもしれません。

コンテンツをタグでキュレーションして見れる情報発見的な使い方なら、利用価値はあるかもしれません。
海外でも今回のアップデートには賛否両論な感じに思えます。まだ個人的にもタグを設定してみたり、テストで投稿してみたりと使い始めたばかりですが、計測というあまりC向けではなく定期的に訪れるようなものではなかったサイトが、キュレーション的な機能などを備えることで一つのニュースサイトのように変化したのは良い方向ではないかと思ったりしています。

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる