HTTPSのYahoo検索がAdobe Analytics(Site­Cat­a­lyst)データに及ぼす影響

Adobeから公式発表がありましたね。影響点としては以下の2点。
First, you will no longer receive organic key­word data for your Yahoo search traf­fic. (中略)Sec­ond, you will no longer receive refer­rer data from Yahoo, which will result in a drop in Yahoo traf­fic in your Refer­ring Domains and Refer­rers reports.
ということで、検索キーワードと参照元が消えますということで。
Yahooのセキュアサーチが3月31日までに全世界でリリースされるということです。

既に海外で報道されている通りですが、検索エンジンによってHTTPSの動きが異なります・・・というか、Googleだけがウェブマスターに優しい設定になっています。
  • Yahoo: secure search is the default, no refer­rers passed, except for advertisers
  • Google: secure search is the default, Google refer­rer passed but search terms stripped, except for advertisers
  • Bing: secure search is optional, no refer­rers passed
Google以外がウェブマスターにとって、通常のSSLサイトと同じような動きをしているので、解析のファネル分析や前年度比較、チャネル系の動きがかなり怪しくなります。
マーケティング界隈ではコンテンツマーケティングとリアルタイムマーケティング、そしてより行動分析系、所謂Big Dataへの期待と効率化が進む予感がします。

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

[Google Spreadsheet]ある文字列を含むリストを表示させる