【GTM - Tag】ClickListener(クリックリスナー)

クリックリスナーは全てのクリックに対して適用されます。
例えば、今回クリックイベントをリンクも何も貼っていない、こんなページの「Warning」というテキストをクリックした場合の動きを見てみます。


ソースとしては、こんな感じです。


事前にタグとしてクリックリスナーをセットしておき、該当ページで発火するように条件づけしておきます。今回はテストページなので発火条件はAll Pagesの「{{url}} matches RegEx .*」を使います。



あとは「gtm.click」の指定と、「element id」で「warning」を指定します。


このルールで発火するAnalyticsのイベントですが、今回は特に変数は使わずに固定値をセットしておきます。


で、その文字列をクリックすると、Analyticsのリアルタイムイベントで検出されました。


こいつを応用して、


【参考】
Google Tag Managerに関するまとめ

このブログの人気の投稿

ウェブサイトユーザビリティ評価のためのSUS(System Usability Scale)

離脱改善指標に関するメモ

Google Tag Manager(GTM)を利用してAjaxのページャーからのページ遷移を仮想ページビューとして計測する